保育園の基本方針

心身ともに明るく健やかな子どもの育成を図り、
もって社会人としての基礎「生きる力」を育む保育を基本とします。

保育園は、生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期にその生活時間の大半を過ごすところです。

保育園における保育の基本は、家庭や地域社会との連携を図り、保護者の協力の下に家庭養育の補完を行い、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を充分に発揮しながら活動できるようにするところです。
特に、乳幼児期は一生の中でいちばん感性の豊かな時期とも言われ、周囲のものの美しさ、不思議さ、やさしさなどは「遊び」の中から色々な体験を積み重ねながら子供の豊かな心は育ちます。

養育する保育者との何気ないふれあいやコミュニケーションには、豊かな心を生み育む要因が大いに存在します。

「保育は人なり」保育者の温かな人柄・笑顔・チームワーク・センスが、のちの大人への成長、社会人としての振る舞いの基礎となりますので、保育者は子どもの最善の利益のためにも、より質の高い保育を心がけ、一人一人の意欲や挑戦する「生きる力」を育む保育に努めて参ります。